教育ローン審査甘い?自動車ローンは?選ぶポイントとは?

教育ローンの比較をする際はランキングサイトを利用すると効率的に比較することができます。

金融機関に出向いたり電話で資料請求などしなくても済みます。

借入可能額や金利などの具体的な数字は一覧表になっているため、比較も簡単です。

ランキングサイトには、来店の要・不要についてやローンのメリット・デメリットなどが掲載されているサイトもあります。

いちいち検索しなくても、銀行のHPがすぐ見られるようリンクが貼られていることが多いので手間が掛かりません。

教育ローンでいくらまで借りられるかということについて解説します。

最初に答えを言うと、融資してくれる機関によって融資額は全然変わってきます。

教育一般貸付(国の教育ローン)は最高でも350万円となっています。

民間の銀行で貸し付けている教育ローンは300万円から1000万円程度となっています。

進学先が医学部、歯学部などであれば、最大3000万円まで融資可能という銀行もあります。

一方、ノンバンクは学校と提携しているケースがあり、提携校によって融資額が変わるほか、直接学校に振り込まれるなど他のローンとは少し対応が変わってきます。

アルバイトしながら大学などを目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを利用することは可能です。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人でないと融資を受けることはできません。

ローン契約には安定継続した収入が必要という条件が設定されていることが多いので勤続年数が短いと審査に通り辛くなるかもしれません。

返済能力も重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入が必要になります。

いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金を申請した方が審査に通りやすいと思います。

銀行の教育ローンというものは、普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンより融資金額は大きいですし返済期間も長いので余裕を持って返済ができます。

最近はネット銀行も普及しているのでWeb上で手続きが完了する銀行が多くなってきて利便性も向上しています。

銀行口座がなくても申し込みOKなローンもありますが口座を所持していると優遇金利を受けられるという銀行が多いです。

給与振込や住宅ローン利用でも金利を優遇してくれる銀行もあります。

労働金庫(略称:ろうきん)は会員が出資し会員同士助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社といった営利目的では運営されていないため金利は2から3%台と比較的低くめになっているのが特徴的です。

融資の限度額は1000万円から2000万円と高めのとなっており返済期間は15から20年と長期なのが特徴です。

一般の人でもローンを組むことはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されるメリットなどもあります。

地方の労金の場合であれば、入学金や学費以外に仕送り代なども認められている点が面白いですね。

教育ローンもローン契約であることは間違いありませんので、融資を受けるには審査に合格する必要があります。

審査を受ける際に用意しなければいけないものがあり、本契約までには全て揃えておく必要があります。

ネット申込みの場合、借入申込書は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などといった、収入証明書類は必要になります。

そのほか、運転免許書やパスポートなどといった本人が確認できる書類や住宅ローン(家賃)、公共料金の領収書または支払いが確認できる通帳のコピーも必要です。

しかし、何より一番必須となる書類は在学が確認できる書類や合格が確認できる通知、入学許可書です。

教育ローンによる融資の受け取り方の1つとして全額まとめて振り込まれる一括借入れ型があります。

分かりやすく言えば住宅ローンのように一括でまとめて受け取ることができるタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの場合このタイプを採用している所が多いです。

一括借入れ型の主な特徴としてローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画が立てやすい一方、予定以上に学費や生活費にお金がかかってしまった場合、新たにローンを組まなければなりません。

教育ローンの金利について紹介します。

教育ローンの金利は融資機関によって差があります。

低金利なところでは1%台からありますが、高いところでは10%近いものもあります。

銀行の教育ローンの場合は口座やカードを作ることを条件に優遇金利になる場合があります。

金利の計算方法は2つの方法があって変動金利と固定金利という違いがあります。

近頃は低金利の時代ですので固定金利の方がリスクが少ないでしょう。

参考:教育ローン審査甘い?低金利でおすすめの銀行一覧【審査基準】

教育ローンについてご紹介します。

教育ローンとはローンの使い道が教育関係の限定されたローンです。

進学を控えた学生の保護者などが学費や入学金などの支払いのために申請することが多いようです。

高校や大学にかかる学費はもちろんのこと、私立の小学校、中学校も教育ローンの対象になります。

融資する金融機関は銀行やノンバンクが取り扱っています。

注意事項としては金融機関によっては、保育園児は教育ローンが不適用となる場合がある事です。

教育ローンが借りれないという人には色々な要因があると思います。

まず、働いていなければなりませんから無職や年金受給者は借りれません。

正社員である必要はありませんが安定継続した収入を得ているということをきちんと証明しなければいけません。

非正規雇用の場合は最低でも2年以上の勤続年数が求められます。

年収も200万円以上なければ審査に通るのは困難と言えるでしょう。

教育ローンの返済方法を説明します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月からスタートします。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、埼玉りそな銀行などは在学中は利息のみでOKとしています。

返済期間についても長いローンでなんと、最長20年借入可というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額は増えてしまいますので注意が必要です。

教育ローンと言っても要は借金ですから事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

国が貸してくれる教育ローンを知っていますか?国の教育ローンは日本政策金融公庫(財務省所管の特殊会社)が取り扱っています。

教育一般貸付という名称で、最高350万円まで借り入れることが可能です。

教育一般貸付は年1.76%という低金利のほか固定金利になっているので安心して利用することができます。

子供の人数や世帯年収(所得)によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

ローンの使途は銀行やノンバンクよりも幅広く受験にかかった費用や在学のための賃貸住宅費用にも使う事が出来ます。

低い金利で借りられる教育ローンと言えば教育一般貸付(国の教育ローン)です。

年1.76%(固定金利)で銀行や信販会社のローンよりもお得です。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国のローンがいかに低金利かがわかりますね。

学費以外にアパート代やパソコン購入費など教育資金であれば使途の範囲はかなり広く認められています。

しかし、こちらのローンは低所得者でも学びたい気持ちをサポートするというものになりますので、対象となるのは大学や専門学校などを目指す中学校卒業以上の子供になります。

学生本人が教育ローンを利用するというのは基本的には無理です。

学費目的と言ってもローンなので借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのためにはまずは成人であることが求められますし安定継続した収入があることが前提となります。

また、今の仕事を辞める予定がないことや家賃、光熱費、保険料などといった生活費のすべてを自分の稼ぎで支払えているかも重要な要素になります。

そのため、国の教育ローンよりも銀行などで扱っている教育ローンのほうが融資の望みは高いでしょう。

教育ローンという学びたい方のためのローンを提供している金融機関は銀行やノンバンクなど多数あります。

その中でダントツでおすすめなのは教育一般貸付いわゆる国の教育ローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、年利1.76%の固定金利なので安心です。

大学や高校のみならず中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

融資の使い道も入学金や授業料にとどまらず定期代やパソコン購入費など広範囲に認められています。