包茎手術は排尿への影響がヒドイ?

基本的に包茎であることによって、排尿に影響が出るといったことはありません。
多少排尿時に皮の中に尿が入ってしまったりなどしても、中をしっかりと清掃すれば普通に生活することは可能です。
ですが、カントン包茎や真性包茎といった場合には排尿時に力まないと尿が出ないといったことや、排尿時に痛みが発生するようなことがあるようなことがあり、そういった場合には包茎手術が必要になってきます。
手術をしないことによって場合によっては、水腎症や腎不全になるおそれもあり得ますので、重症化する前に手術をすることが勧められるのです。
ですので、包茎によって排尿時に痛みが出るなどの影響があった場合には、できる限り早めに包茎手術することが望ましいです。
包茎手術当日帰宅後をリアル実況中!薬・傷口・眠り方【術後の痛みは?】