住宅ローンは年収の7倍程度までがポイント?

住宅の価格というのは場所や広さなどによってさまざまなものがあります。
都心部の便利な立地の住宅に住みたいと思っても、かなり価格が高いために今のご自身の年収では住宅ローンを組むのが難しいということもあるでしょう。
住宅ローンというのは一般的には年収の7倍程度までの価格ならば借り入れをすることが出来ると言われているのです。
たとえば年収が500万円の方ですと3500万円までの住宅が適しているということが言えます。
ただ、今まで貯金をしていて頭金が多めに支払えるというのであればもう少し高い金額に設定できますし、金利を含めて月々の支払いがいくらくらいならば毎月無理なく返済が出来るという状況も人によって異なりますので、きちんと計画を立てて住宅ローンを組んでいく必要があります。
フラット35への借り換え 【固定金利で安心したい方におすすめ】